HOME
CLOSE
不動産会社の評判や噂って本当? 実録!不動産会社の実体験Report
不動産会社の評判や噂って本当?実録!不動産会社の実体験Report » 小田急不動産ってどんな不動産会社? » 小田急不動産の体験記

小田急不動産の体験記

小田急不動産で過ごした1日体験記

見出し

小田急沿線にある不動産物件を中心に取り扱っており、営業エリアは少々限定されておりますが不動産会社として全国トップ20に入る実績を持つ大手。

小田急不動産ではどのような対応や物件に関する話しが聞けるのか気になったので、実際に訪問し体験をしてきました。

小田急不動産に行きたくて、会員登録してみた

会員登録

とりあえず、まずは会員登録をしなければと思いWEBサイトを確認。

画面上部の端っこに「新規登録」の小さなボタンが設置されており、見つけやすいが判りにくい!と勝手にツッコミをいれつつポチッと選択。

※もっと銀行やクレジットカードのWEBサイトみたいにドドーンと大きく設置してくれると…使いやすいのに。

登録する情報はメールアドレスとパスワードのみで、他に入力する情報はなく、ありがちな不動産サイトの様式とは違っていたので、少々拍子抜けでした。

まずは気軽に登録だけでもして欲しい意図がチラチラ見えてましたが、これも不動産会社側の戦略なのかなと納得。

待てども…待てども…連絡はもらえず

会員登録2

会員登録をして、しばしの間様子を伺っていましたが、小田急不動産から連絡をもらう事はできず…大手不動産会社のサイトは、不動産物件の売買や賃貸の情報を総合サイトとしてまとめているので、 まずは簡易に会員登録してもらい、個別で気になる物件への資料請求等を行う事で連絡が来るのかも知れません。

もし、大手不動産会社が良いと考えている方は、ある程度物件の絞り込みが必要となるので、ご注意ください。

今回は、物件を絞り込んで資料請求をする事はせず、数日経ってからメールにて不動産物件について相談したい旨こちらから連絡をさせていただきました。

すぐにメールへの返答があり。訪問OKの返事をもらう事ができました。こちらからアクションを起こせばすぐに対応してくれるのも大手不動産会社によく見られる傾向かも知れません。

メールでのやりとりでは、こちらから特に要望や個人に関する情報は何も伝えていないので、事前の予想として金額面や希望地域などについて、基本的な内容のやりとりがメインになるんだろうと考えていました。

気持ちを整え、いざ小田急不動産へ

小田急不動産外観

店舗に向かい、入口を入ってすぐに受付デスクがあるものの誰も居なく、こちらから「こんにちは~」と声をかける事で奥から男性スタッフが応対してくれました。

そのまま、待合いスペースに案内されたのですが、心なしか店舗内に置かれている椅子やテーブルなど各設備は高級感があり、さながらオシャレCafe、ホテルのラウンジのような内装になっており、とても居心地は良かったです。

その後、個室に案内され、ここも黒を基調とした大きなテーブルと椅子が置かれており、高級感がビシビシ伝わってきます。

雰囲気が良すぎて逆に「場違いか!?」と感じてしまう程です。

営業さんが来るまでの間に「お客様カード」を書くよう渡され、私一人の時間が流れます。

高級感ある個室でのトーク

小田急不動産打ち合わせ

個室に案内されてから数分後に営業が入ってこられ、こちらは至って極々普通の会社員といった出で立ちの男性が登場。

年齢は30代後半位に見受けられましたが、格好も少々ラフな感じで良い意味で親近感は持てました。

「お客様カード」は書けていないので、傍らに置いたままとなっています。

早速、物件に関してこちらからの要望を聞く流れになったのですが、私はほぼ知識なしの状態をアピールしていた為、まずは新築と中古についての説明から始まりました。

こちらが初心者という事もあってか、口調は非常に穏やかで物腰も柔らかく、話していて圧を感じる事もなければ常に笑顔で接してくれたのがとても印象的です。

恐らくトーク術としてでしょうが、話しの最中に「さん付け」で呼んだり、語尾が知り合い口調になったりしていたのは若干気にはなりましたが、不快感を覚える程ではありません。

ひたすら会話でのやりとりが続く

打ち合わせイメージ

話しも進み、物件の種類や性質について長尺な講義を終えると、ここからこちらの要望の聞き出す流れになり「想定予算」や「間取り」「沿線」などを聞いてきました。

私も拙いながらに希望を伝えていると、こちらの目を見てしっかりと話しを聞いてくださり、的のズレた話しになったとしてもしっかりと話しの軌道修正をしてくれる姿勢でしたので、とても話しやすかったですし、良い感じに波長をあわせてくれたので会話も弾みました。

こちらから疑問調に「~ですかね?」「~だと良いんですけどねぇ?」と話せば1つ1つ丁寧に答えを返してくださり、失礼な言い方ですが見た目とは裏腹にとても落ち着いたベテラン感を感じます。

最後は時間都合でタイムアップ

一通り話しをした段階で、程よく時間も過ぎており、私の時間都合で今回はここまでの対応が限界でした。

基本は会話のみでやりとりを行い、特に物件情報を持ち出してくるような素振りもなかったので、知識なし・初心者という位置づけから「要望の絞り込み」に終始時間を費やした形となりました。

最後に書けていなかった「お客様カード」を書き、営業さんに渡して出口まで見送られましたが、帰り際まで家賃や現在の住まいについて雑談レベルで質問してきたので、営業さんとしては話し足りなかったのかもしれません。

店舗を後にするギリギリまで「またの訪問待ってるぜ!」感をヒシヒシと受けながら、帰路に付きました。

小田急不動産のまとめ

もの凄く雰囲気の良い店舗が、落ち着きとリラックスを与えてくれます。

ネット上で良く目にするゴリ押し感や無愛想な対応などは一切なかったのですが、訪問した時の自身の状況によっては物件を決めていくまでの流れが長くなるのでは!?とも感じました。

あまり迷いたくない、何度も訪問する時間が取れそうにない、といった方達には前準備としてWEBサイト上で物件のピックアップをしておいた方が良いかも知れません。

各不動産会社の体験チェックポイントを確認する

PAGE TOP