HOME
CLOSE
不動産会社の評判や噂って本当? 実録!不動産会社の実体験Report
不動産会社の評判や噂って本当?実録!不動産会社の実体験Report » 不動産の選び方で押さえておきたいポイント

不動産の選び方で押さえておきたいポイント

このページでは、不動産物件を選ぶ際に押さえておきたいポイントについて、紹介しています。ここで紹介する内容を踏まえておくことで、物件選びにおいて有益な判断ができるようになるかもしれません。ぜひチェックしてみてください。

家賃・価格の交渉を不動産会社にしても意味がない

部屋探しをする際、物件は気に入ったけれども家賃や売却価格が想定よりも少し高い…そんな悩みはよくあるものです。そこで、「不動産会社に対して交渉する」という手段を考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、それは多くの場合において、大きな勘違いです。なぜなら、不動産業者が扱う物件のほとんどは、土地や物件の持ち主から依頼を受けて取り扱っているものであるからです。

つまり、最終的に値段を決めているのは、その物件の持ち主。不動産業者はあくまでも、取引をする両者の間を仲介する立場でしかありません。不動産業者に対して値下げを迫ったり、駆け引きを打ったりするのは、今後の関係を良好に保っていくことを考えれば、得策ではないでしょう。

近場の不動産会社=良いとは限らない

「REINS(レインズ)」というものをご存じでしょうか。これは「REAL ESTATE INFORMATION NETWORK SYSTEM(不動産流通標準情報システム)」の略称で、不動産業者が情報を共有するためのシステムです。不動産業者は基本的にREINSの情報を元に物件を扱うので、どこの不動産屋でも同じ情報を保有しています。

もちろん、近場の業者であればその物件に対するプラスアルファの独自情報を保有していることもあるのですが、特に売買などの場合は、近場の業者よりも、しっかりとした審査基準や運用方針を持っている、さらには将来的なプランを明確にしてくれる業者に頼んだ方がいい場合もあるのです。

運用を踏まえた売買などの場合は、ご自身のプランに合わせ、近いかどうかだけでなく、総合的に業者を選ぶようにしたほうがよさそうですね。

「早めに申し込まないとなくなります!」はあながち嘘ではない

不動産業者の売り文句として、「今申し込まないと、他の人に申し込まれてしまうかも」というものがあります。不動産の契約を迷っている際、この言葉を言われたことがある方は多いのではないでしょうか。

もちろん、それがセールストークであるケースも多いのですが、不動産は大量生産されている商品と違い、基本的には全く同じ物件というものは存在しません。そのため、目当ての物件を他の人が検討している場合、先に契約を結ばないと、気がついたらもう他の契約先が決まっていた、ということは往々にしてあり得ます。

不動産は「縁」が大事と言われます。自分が求めるタイミングでいい物件が見つかるかどうかは、そのときにならないと分かりません。ですから、もし理想の物件が見つかったということであれば、なるべく早い段階で決断をするべきでしょう。もちろん、事前の検討は十分に行うべきなのは変わらないのですが。

消毒施工料は断れる

賃貸物件の契約の際、「消毒施工料」が請求されていることがあります。文字通り物件の消毒をしてくれるというサービスで、会社によって呼び方はさまざまです。ただ、場合によっては消毒不要、あるいは自分で手配をしたい、という方もいらっしゃるでしょう。不動産業者の請求には業者のマージンが入っているので、自分で業者に頼むよりも割高になります。

この「消毒施工料」は強制ではなく任意となります。これは業者に確認できますので、気になるのであれば一度聞いてみるようにしましょう。その上で、任意だという言質が取れたのであれば、それを名目に見積もりから外してもらうようにしましょう。

なお、「消毒施工」が任意であることは国交省のガイドラインなどにも明記されていますが、もしそれでも業者が食い下がってくるようなら、契約そのものを見直した方がよさそうです。別の名目で料金が計上されたり、今後の契約の中でトラブルになったりすることが考えられるからです。契約はあくまでも、お互いが気持ちよく合意できるようにしたいところですね。

中古物件を探していると新築戸建を薦められやすい

住宅の購入を不動産業者に相談した際、中古ではなく新築を勧められる、というケースがあります。この場合、中古物件と比べて新築物件の方が業者に入る利益が大きい、という理由が考えられます。新築物件の中には、買い手が払う金額だけでなく、売り手側からも手数料が発生することがあり、それが業者にとっては大きいのです。

もちろん、全ての物件に対して売り手が手数料を払うわけではありません。他の中古物件と比べ、明らかにその新築物件のメリットが大きい、ということももちろんあります。

もし、不自然に新築を勧められた場合は、そうした背景が考えられることは頭に入れておいた方がいいでしょう。

新築住宅にも大きなリスクがある

何でも「古い物より新しい物の方がいい」という考え方は確かにあります。ただし、必ずしも新築が絶対にいい、というわけではないことも頭に入れておくべきでしょう。昨今ではリノベーション技術が進み、中古の物件であっても新築同様か、場合によっては新築以上の住み心地を実現してくれているところもたくさんあります。

また、新築マンションの購入の場合、どんな人が入居してくるか、入居しているかは、自分が住んでみないと分からないこともあります。中古物件であれば、事前にどんな住んでいるかをチェックでき、ある程度の判断材料にできます。そうしたリスクも、頭に入れておいた方がいいでしょう。

PAGE TOP