HOME
CLOSE
不動産会社の評判や噂って本当? 実録!不動産会社の実体験Report
不動産会社の評判や噂って本当?実録!不動産会社の実体験Report » ネットでよく見る/聞く不動産会社あるある » その1「営業マンの態度が悪い」

その1「営業マンの態度が悪い」

不動産会社「営業マン」に関するあるある

気になる不動産会社の口コミ評判を調べていると、掲示板や口コミサイトに悪評がたくさん書かれていることがあります。その中でも書かれていることが多いのが「営業マンの態度が悪い」というもの。

そんな営業マンばかりの不動産業界ってどうなってるのかな…と思ってしまいますが、果たしてそれは真実なのでしょうか?そんな営業マンばかりではないと思い、実際に不動産会社に足を運んでみてその体験記を書いています。

ここでは、営業マンの態度に関する悪い口コミのあるあるをまとめてご紹介したいと思います。

口調が荒い

不動産業者の古くからのイメージに、「粗野で品がない」というものがあります。半ば脅迫のような口調で顧客に物件を勧め、契約するまで帰らないという怖いイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

不動産会社に相談に行くのは怖い、緊張する、という方が多いのは、この印象が理由ではないかと思います。

態度が横柄

こちらは顧客なのに、上から目線だったり、いい加減な態度をとる営業マンの口コミもよく目にします。こちらが契約しなければ不動産会社の利益にはならないのに、どうして横柄な態度をとることができるのでしょうか…。

話しが噛み合わない

一見態度は悪くなくても、話が噛み合わない営業マンの口コミも目にします。それは言い換えればこちらの話を聞いていない証拠でもあります。言いたいことだけ言ってこちらの話を聞いていない営業マンでは、希望通りの物件を提案できなくて、向こうが売りたい物件ばかり見せられることにもなりかねません。

営業マンの態度に関する口コミの実例

問い合わせをした不動産会社の事務所に、約束の時間に行きました。ところが、部屋の電気はついていなくて、鍵がかかっていて入れません。どうやら、約束を忘れていたようでした。これが一度だけではなかったので指摘をすると、「我慢してください」と言い出す始末。結局こちらが我慢しましたが、さすがにこれはないな…と思いました。

引き渡しの日当日、営業担当から「現金が足りないから支給用意してくれ」というメールが。こちらは言われている通りの金額を入金していたので、これはおかしいと思って確認。すると、足りないどころか資金が余るようでした。

これを指摘すると、「すいません、間違えちゃいました笑」という軽い返事が。ミスは仕方ないと思いますが、一生に一度の買い物に対してこんないい加減な態度では信用できません。

各不動産会社の体験チェックポイントを確認する

PAGE TOP