HOME
CLOSE
不動産会社の評判や噂って本当? 実録!不動産会社の実体験Report
不動産会社の評判や噂って本当?実録!不動産会社の実体験Report » 家探しで押さえておくべき重要な段取り » 住む前に事前確認したい内見ポイント

住む前に事前確認したい内見ポイント

不動産会社は教えてくれない?内見の時に必ず見ておきたいポイント

不動産会社に問い合わせをして、希望の条件に合う物件があれば実際にそれを見に行く「内覧」のステップへと進むことになります。

基本的には、同じ物件を何度も見に行くことはないので、チェックしておきたいポイントはしっかり見ておきたいところ。内見のポイントを知っておけば、後で「ここも見ておけばよかった!」という後悔をしなくて済みます。

そこで、ここでは内覧のポイントや注意事項、用意しておきたい小道具などをまとめてみました。内覧に行く前に、ぜひご一読ください。

内見にあると便利な小道具

内見に行くなら用意しておきたい持ち物をリストアップしてみました。

要望リスト

マイホームに求める要望をリストにしたものを持っていきましょう。スマートフォンにメモしておくのも悪くはないですが、サッと記入できるように紙に書いていったほうが便利だと思います。

実際内見をする時には、その物件が要望をどれくらい満たしているのかメモしながら進んで行くとよいでしょう。また、気になったことは些細なことでもメモしておくのが重要です。後で物件どうしの比較をする時にこのメモがとてもp役立ちます。

筆記用具

言うまでもありませんが、メモをするための紙とペン(もしくはスマートフォン)は必須です。覚えておけると思いがちですが、内覧を重ねていくうちに重要な情報でも忘れてしまいます。

カメラ

携帯電話のカメラで十分ですが、物件の写真は色々撮るように心がけておきましょう。物件選び、比較に使うだけでなく、購入前の物件の状態を写真に残しておけば、購入後に何かトラブルがあった時にも役立ちます。

部屋の中はもちろん、外観、できれば周囲の様子も撮影しておくとよいでしょう。現在居住者がいて中古で購入する場合は、撮影前に売主の許可を得るようにしてください。

メジャー

手持ちの家具・家電が置けるかどうか測るために、メジャーが必要です。中古物件であれば、部屋の床に傾きがないか調べるための水平器も用意しておくとベター。

建物のどこを見る?

内覧のときは、パッと見のオシャレさに気を取られず、実際の使いやすさに目を配りましょう。

家具・家電が置けるかどうか、家事の導線は使いやすいかどうか、水回りは家族全員に使いやすい仕様になっているか(シンクや調理台の高さ、洗面台の広さ、お風呂のバリアフリーなど)などのポイントがあると思います。

中古住宅であれば、外壁のひび割れや基礎の劣化・損傷などはチェックしておくとよいでしょう。素人ではわからないことも多いですが、目で見て明らかに問題がある場合は、必ず担当営業マンに確認しましょう。

生活してみないと気づかないこと

とはいえ、内覧だけではわからない、生活してみないと気づかないことも多いと思います。家具を置いてみたら思ってたより部屋が狭く感じる、天井が低い、水回りがオシャレだけど使いにくい、日照時間が短い、周囲の騒音が気になる…などなど。

素人の私たちには予想ができない部分も多いのですが、知識や経験が豊富だったり、そのエリアの住環境に精通している不動産会社なら、そのあたりのことも考慮してアドバイスしてくれるはず。

つまり、信頼できる経験豊かな不動産会社を選ぶことが、内覧の情報量を増やしてくれるのです。

各不動産会社の体験チェックポイントを確認する

PAGE TOP